アミノ酸含有量が多い馬由来のプラセンタ

主成分がプラセンタというサプリメントについてですが、
現在大きく分けて2種類のプラセンタが流通していますね。

まず1つが豚由来のプラセンタともう1つが馬由来のプラセンタです。
随分前の話になりますが、狂牛病が発生するまでは牛が主流でしたが、
狂牛病発生後、牛のものは使用禁止となり馬や豚へと推移したそうです。

馬の胎盤の方が、豚の胎盤よりアミノ酸が多く含まれているという結果が、
あるところの調査によって判明したり、馬は体温が高いおかげで寄生虫が
住み着く心配が少なく、それゆえか馬由来のプラセンタは豚より高価という
傾向がみられるようです。

稀に馬由来プラセンタのサプリメントでも、原料メーカーから直接仕入れなど
企業努力によってお買い得価格を実現しているところもあるようです。

馬由来のプラセンタなのにかなりお得な価格になってるサプリのサイトを
実際に見つけたりすることがあって、その時はテンション上がるし、
出会えたということの嬉しい気持ちでいっぱいになります。