混合肌とは

肌質と言うのは個人差があります。乾燥肌や脂性肌などその人によって違うものですが、中でもよく耳にするのが混合肌です。

混合と言うところから肌質が一定でないことはわかりますが混合肌とはどんな肌のことをいうのかきちんと理解できてる人って意外と少ないのではないでしょうか。お肌の状態は主に普通、脂性、乾燥の3つに分けられます。普通肌で脂性や乾燥肌で脂肌などの組み合わせで、部位によって肌質が違うものが主に混合肌と言います。

例えば目の周りは乾燥しているのにTソーンはテカリがひどいなどと言うことがあったりします。また部位だけでなく季節によって著しく肌質が変わるなどと言うことがあります。いずれにしろ部位や季節によって肌質に違いが出ると言うことは、シルキーカバーを使うなどケア方法もその都度変える必要があると言うことです。

ただ、混合肌は珍しいものではないようです。と言うよりも日本人のほとんどが乾燥肌と言われています。目元や口元が乾燥しているから乾燥肌だと思っていても実はおでこなどがテカっていたりと自分では気が付いていないだけで実は混合肌なのかもしれません。混合肌の場合部位によって肌質が変わってきますので合わせたケアとシルキーカバーなどでカバーするメイクが必要かもしれませんね。

朝のメイクはやるだけムダ!

乾燥からくる過剰な皮脂分泌で化粧崩れがひどくて、せっかく朝バッチリメイクしても昼前には化粧崩れしちゃうので、朝のメイクはやるだけムダと諦めてはいませんか?そんな悩みを持っている方で、崩れない化粧下地とか化粧品で対策を取っているのなら、対策を見直した方が良いかもしれません。

いかに崩れないようにするかをポイントにします。要するに崩れにくい肌へと変えていくことが重要なんです。実はこの崩れない化粧下地といった化粧品を見つけるより、崩れない肌へと変えていくことの方が、長い目で見ると楽だったりします。というのも、崩れない化粧品はずっと使っていかなければなりませんが、崩れない肌を育てれば後は簡単ケアでOKなので楽なんです。

化粧崩れの最大の原因は乾燥といわれています。肌が乾燥すると皮脂が過剰分泌され、この皮脂は油分なので、これとファンデが混ざってファンデが溶け出し化粧崩れを引き起こします。ですので、乾燥しないようなスキンケアが必要となり、しっかりと保湿された肌を育てることで化粧崩れを防げる肌へと導くようにしましょう。